下眼瞼脱脂術の治療

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

鏡一般的に眼球というものは、眼窩骨という骨の中にある眼窩脂肪がクッションの役割をしています。それによって、眼球は支えてられてもいます。若い人たちは眼窩脂肪を支える壁の役割である眼窩隔膜や、眼輪筋というものがしっかり張っているから、眼窩脂肪を押し出す能力も持っています。

しかし、段々と年を取れば、そのような状態を維持出来なくなっていくことになります。段々と力が弱くなってしまい、眼球が眼窩脂肪を押し出し、目袋というものが形成されることになります。実際に、若い人たちにも、目袋が目立つ人たちはいます。しかし、目袋は、やっぱり老化してなると考えるのが一般的です。そして、それが、老けた印象を与えてしまうことになります。

そこで、エイジングケアを考える人たちに、有効的手段が下眼瞼脱脂術ということになります。目の下のたるみを解消し、更にふくらみが小さくすることが出来、クマも段々と目立たなくすることが出来ます。

下眼瞼脱脂術の方法は、一般的には注射による局所麻酔で手術を行っていきます。麻酔時以外には、強い痛みを感じることはあまりありません。手術のあと、5日程度は腫れが続くかもしれませんが、1週間ほどで徐々に腫れがひいていきます。

この術後の状態はクリニックによっても変わってきます。美容外科札幌では下瞼の裏から眼窩脂肪を取り除く治療ですので表面に傷がつかず、当日からメイク可能とホームページに記載がありました。抜糸の必要もないので通院も不要なようです。こうした術後の状況も前もって確認しておくと安心でしょう。